黒にんにく無添加発酵黒にんにく体験情報ブログはこんな人に役立つ!
cheak.gif にんにくのニオイで人に嫌われるから、TPOを考えて、時々しか食べない
cheak.gif サプリメントが大好きで、にんにくもサプリメント製品を愛用している
cheak.gif 以前、にんにくを食べて胃の調子が悪くなってしまったので今はやめている
cheak.gif 最近、黒にんにくを食べはじめたけど、何がどう良いのかわからない
cheak.gif 黒にんにくで××が治った友達を見て、食べてみようか迷っている
cheak.gif 黒にんにくのように知らない食品はどうも怖くて、食べる気にならない
 初めてのあなたに、黒にんにく無添加発酵黒にんにく)の安心情報!
取りあえずこれだけ読めば、黒にんにくのことがなんとなくわかるはず
黒にんにく(無添加発酵黒にんにく)の三大質問
黒にんにく(無添加発酵黒にんにく)Q&A
黒にんにく(無添加発酵黒にんにく)体験談
黒にんにく(無添加発酵黒にんにく)モニターさんレポート
ランキングに参加中  ココをポチッと blogrank-banner_03-blue80.15p.gif 貴重な一票!お願いです

 わくわく新着記事
 記事はこの下からです

おすすめの本 食と健康・食と安全

黒にんにく無添加発酵黒にんにく)体験情報ブログ
食生活を深める特集 〜おすすめの本〜


【食と健康・食と安全】


決定版 サプリメント図鑑〈2007〉―医師と専門家が評価した安心&安全最新情報決定版 サプリメント図鑑〈2007〉―医師と専門家が評価した安心&安全最新情報

経済界 刊
発売日 2006-03





さらに詳しい情報はコチラ≫




危ない健康食品から身を守る本危ない健康食品から身を守る本
植田 武智
コモンズ 刊
発売日 2005-11





さらに詳しい情報はコチラ≫




食べもの通信―心と体と社会の健康を高める食生活 (No.416(2005年10月号))
家庭栄養研究会
食べもの通信社 刊
発売日 2005-10





さらに詳しい情報はコチラ≫




食べもの通信―心と体と社会の健康を高める食生活 (No.412(2005年6月号))
家庭栄養研究会
食べもの通信社 刊
発売日 2005-06





さらに詳しい情報はコチラ≫




食の安全と健康意識データ集 (2005)食の安全と健康意識データ集 (2005)
生活情報センター
生活情報センター 刊
発売日 2005-03





さらに詳しい情報はコチラ≫




食Up to Date―食と健康|食と安全|食と環境
松田 覚
金芳堂 刊
発売日 2005-01





さらに詳しい情報はコチラ≫




食べもの通信―心と体と社会の健康を高める食生活 (No.401(2004年7月号))
家庭栄養研究会
食べもの通信社 刊
発売日 2004-06





さらに詳しい情報はコチラ≫







黒にんにく無添加発酵黒にんにく)体験情報ブログ!
黒にんにくは、にんにくの無添加30日発酵食品  黒にんにくが初めてだから知りたいあなたの疑問に、体験談をもとに応えます  黒にんにくはなぜ黒い、なぜニオわない、黒にんにくの食べ方、効果効能などなど

トップへ戻る 「黒にんにくが初めてのあなたに、無添加発酵黒にんにく体験情報」
posted by 892 at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの本

おすすめの本 食の歴史

黒にんにく無添加発酵黒にんにく)体験情報ブログ
食生活を深める特集 〜おすすめの本〜


【食の歴史】


迷宮レストラン―クレオパトラから樋口一葉まで迷宮レストラン―クレオパトラから樋口一葉まで
河合 真理
日本放送出版協会 刊
発売日 2006-05




想像をかきたてられる一冊 2006-08-11
雑誌に連載されていた頃からファンでしたがこうしてまとめられるとさらにその充実感アップで大満足の一冊です。発想力、実行力、文章、イラスト、食器、写真のどれもがたいへん素晴らしく、それぞれのかたがプロとしてとても楽しみ、力をいれて取り組まれたように感じられ近年で一番刺激を受けました。何度も手に取りたくなる一冊です。「食」へ対するこういうアプローチもあるのだと新鮮な気持ちになりました。少しアレンジして子供と楽しみたいと思います。休館といわずぜひまた次がでるのを楽しみにお待ちしております。


さらに詳しい情報はコチラ≫





コメを選んだ日本の歴史コメを選んだ日本の歴史
原田 信男
文藝春秋 刊
発売日 2006-05




米によって形作られた日本 2006-06-04
 この本を一言で言えば、タイトル通り、米という視点からまとめられた日本史である。特に日本史の知識など全く必要なく気軽に読める。

 米は時代時代において重要な役割を果たしてきた。富を蓄積する手段であったり、戦争の引き金であったり、経済の中心であったりと多岐に渡る。こうした様々な変遷を経て現在の米が存在する。現在の米の地位はそれほど高くないかもしれないが、未だ日本人にとって不可欠なものと言っても過言ではない。そんな米についての知識を深める上で手軽に読めるこの本はなかなかいいかもしれない。


さらに詳しい情報はコチラ≫





幕末単身赴任 下級武士の食日記幕末単身赴任 下級武士の食日記
青木 直己
日本放送出版協会 刊
発売日 2005-12




江戸時代の食事や生活、興味深いものです 2006-05-05
幕末、和歌山から江戸へ単身赴任した、若い武士の日記をメインに、江戸時代の食生活や、暮らしぶりを紹介した本です。「何を食べた」「どんな料理」「どんな味だった」などの日記に、当時の味付けや料理法、外食産業(??)や食材などの解説を加え、江戸時代の食事を楽しく説明してあります。


大江戸美味草紙(むまそうし)大江戸美味草紙(むまそうし)
杉浦 日向子
新潮社 刊
発売日 2001-05




四季とりどりの江戸の食生活を川柳にのせて紹介 2005-07-11
「三日喰う雑煮で知れる飯の恩」、白米信奉者の江戸っ子にとっては、三が日の餅攻めは年明け早々の辛抱のしどころだった……。
河豚、土筆、初鰹、寿司、鰻、天麩羅、茄子、里芋などなどなど、食にまつわる川柳をモチーフに、さらりと川柳を解説しながら、四季とりどりの江戸の食生活を紹介。江戸人の生活の一端を垣間見せてくれます。江戸人の妙なところにこだわって生きる感じが、たくましくもほほえましい。でも、その食生活の季節感と豊かさにどこかうらやましさを感じてしまいます。軽妙ながら、的確に、江戸の生活を紹介する杉浦氏の筆力に脱帽です。


さらに詳しい情報はコチラ≫





麺の文化史麺の文化史
石毛 直道
講談社 刊
発売日 2006-08-11





さらに詳しい情報はコチラ≫





戦下のレシピ―太平洋戦争下の食を知る戦下のレシピ―太平洋戦争下の食を知る
斎藤 美奈子
岩波書店 刊
発売日 2002-08




図版も豊富で良いです 2005-09-15
当時の婦人誌の図版もイロイロ引用されてて、
見た目にも興味深いです。
(婦人誌が軍事色に染まっていくのもうかがえて…)
ものが無いなりに、料理に凝ろうとしてるのも楽しいというか、
主婦・母親ならそれくらいすべきだというイデオロギーの押し付けを
感じたりしてなかなか・・・。
雑誌からの分析なので、
「では実際はなにがどのように食べられていたか」
という部分は推量しかないのだけど、
国策などの甘さはかなりはっきり浮き彫りにされている。
米はなぜ足りなかったかとか、
戦時下に生活してた人でも実際には判ってなかった部分もあるかと。
戦争ものは暗くて読みにくい、
なんて思っている人に読んでほしいです。
笑って読めます。


さらに詳しい情報はコチラ≫





美味にて候-八百八町を食べつくす美味にて候-八百八町を食べつくす

産経新聞出版 刊
発売日 2006-08-25





さらに詳しい情報はコチラ≫





食がわかれば世界経済がわかる食がわかれば世界経済がわかる
榊原 英資
文藝春秋 刊
発売日 2006-02-28




世界経済はわかりませんが、読み物としてはおもしろい 2006-08-25
食が世界を動かす。ありますよね。
さらに詳しい情報はコチラ≫





和菓子ものがたり和菓子ものがたり
中山 圭子
朝日新聞社 刊
発売日 2000-12




奥が深いですよ、和菓子って! 2005-02-23
 和菓子の老舗として有名な“とらや”で和菓子の歴史を研究している方の著作。
 和菓子の名称は「雅そうな名だなぁ」と感じるものの、その由来がイマイチ分かりにくかったんですが、この書では菓子の命名(植物、動物、魚介類、武将、諧謔などなど…)の源や、幻となってしまった菓子、南蛮菓子、菓子の原材料、菓子の香りや職人の姿、菓子にまつわる花鳥風月、現在でも宮中で食される和菓子の数々…などなど蘊蓄満杯の著作です。
 和菓子という少々カタイ主題にかかわらず読みやすいですし、時にはユーモア−江戸時代に描かれた(やる気なさそうな)菓子職人の図画を指しては「この職人少々お疲れのようです…」云々−を交えて誠実に和菓子の歴史を述べています。
 最近、私自身、和菓子を自分で創作して命名してみたいな…と思っていたのですが、この書を開いて俄然和菓子作りの意欲がわきました。


さらに詳しい情報はコチラ≫





和食と日本文化―日本料理の社会史和食と日本文化―日本料理の社会史
原田 信男
小学館 刊
発売日 2005-10





さらに詳しい情報はコチラ≫









黒にんにく無添加発酵黒にんにく)体験情報ブログ!
黒にんにくは、にんにくの無添加30日発酵食品  黒にんにくが初めてだから知りたいあなたの疑問に、体験談をもとに応えます  黒にんにくはなぜ黒い、なぜニオわない、黒にんにくの食べ方、効果効能などなど

トップへ戻る 「黒にんにくが初めてのあなたに、無添加発酵黒にんにく体験情報」
posted by 892 at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(2) | おすすめの本

おすすめの本 食文化

黒にんにく無添加発酵黒にんにく)体験情報ブログ
食生活を深める特集 〜おすすめの本〜


【食文化】


カウンターから日本が見える 板前文化論の冒険カウンターから日本が見える 板前文化論の冒険
伊藤 洋一
新潮社 刊
発売日 2006-09-15





さらに詳しい情報はコチラ≫





人間はこんなものを食べてきた 小泉武夫の食文化ワンダーランド人間はこんなものを食べてきた 小泉武夫の食文化ワンダーランド
小泉 武夫
日本経済新聞社 刊
発売日 2004-02-03




わかりやすい食文化論 2006-04-17
塩はどうして殺菌効果があるのでしょうか?

乳酸発酵するとどうして腐らなくなるのでしょうか?

酒はそもそも人類がどうやって作るようになったのでしょうか?

どの民族も一日三回食事をするのでしょうか?



どれも素朴な疑問ですが、この本を読むまでは正しく答えられないことばかりでした。

特に「どうして塩に殺菌効果があるのか?」こんな単純なことに答えられない自分に気が付いて愕然としてしまいした。



単なる蘊蓄だけにとどまらず、体系的にかつ分かりやすく「食文化」を学ぶことができます。

そして、「オモシロ食べもの話」も満載です!


さらに詳しい情報はコチラ≫





駄菓子屋図鑑駄菓子屋図鑑
奥成 達 /ながた はるみ
筑摩書房 刊
発売日 2003-03




すごい 2003-06-15
この本には、昔の駄菓子屋やおもちゃがいっぱい詰まっています。本当に「すごい」の一言につきます。子どもの頃、出会った「駄菓子屋」や「おもちゃ」そのものなのであります。
著者は、「駄菓子は単なる菓子屋ではなく、子どもには欠かせないたまり場であり、社交場であり、いまふういにえばコミュニケーションの場であったのだ。大人になったいまでも駄菓子屋がむやみやたらに懐かしいのである。」としています。まさしく、そのとおりです。
なつかしいばかりではありません。今でも、十分に通用する「菓子」や「遊び」が紹介されていると思います。
2年ぐらい前に、明治村(愛知県犬山市)に小学生の息子と出かけました。その時、明治村の中に、「駄菓子屋」がありました。この本に掲載されているような物が売っていました。息子は、結構駄菓子屋にある物に興味を示し、ほしいものを購入しました。自分の子供時代と共通するものがあると感じました。
とにかく、本の中にお菓子や遊びがいっぱい詰まっています。この本を購入して「得した」気分になります。


さらに詳しい情報はコチラ≫





英語でつくる和食―日本の食文化・伝統を伝える英語でつくる和食―日本の食文化・伝統を伝える
藤田 裕子 /ナヴィインターナショナル
ナツメ社 刊
発売日 2003-06




和食が注目されている中で 2005-01-19
近年、和食が世界的に注目されている中で、この本は私の周りの外国人に絶賛されました。
本書は和食の作り方のみならず、和食の食材の紹介や料理の道具の紹介や切り方の紹介など必ずしも日本人向きに書かれているわけではありませんが、私自身、日本人でありながら知らないこともたくさん書かれていました。特に、初めのカラーページに載っている日本の文化や祭り、食材などが英語と日本語で書かれている部分は思わず、外国に行った時に紹介したくなります。
この本を通じて「料理の作り方」というよりかは「日本の文化のよさ」といったものが感じられたと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫





和食と日本文化―日本料理の社会史和食と日本文化―日本料理の社会史
原田 信男
小学館 刊
発売日 2005-10





さらに詳しい情報はコチラ≫





沖縄の神と食の文化沖縄の神と食の文化
赤嶺 政信
青春出版社 刊
発売日 2003-04




沖縄の歴史と文化がこれ1冊でわかります! 2003-04-25
沖縄の歴史と文化についてまとめて知りたい人には、絶対おすすめの1冊です。これほど集約された本はありません!
現代にも生きる神々と「おもろ」、三山文化から琉球王朝の統一、伊波普猷や柳田國男の沖縄人のルーツの話、そして泡盛の作り方。もちろん、薩摩による植民地時代、太平洋戦争とその後の苦悩のことも忘れてはいません。
紙幅の関係からしかたないのですが、人権を無視した「人頭税」や「方言札」の歴史について詳しくは書かれていません。それでもわずかながらもこれらに触れている点も、好感が持てます。
この本をきっかけに沖縄理解が進み、基地問題などの今日的な問題を考えるよすがともなることを望みます。


さらに詳しい情報はコチラ≫





食と文化の謎食と文化の謎
マーヴィン ハリス
岩波書店 刊
発売日 2001-10




肉を食べるということは? 2005-10-14
食と文化の謎といっても「肉」を食べることを中心に書かれています。なんでも「肉」がコスト&ベネフィットを考えると一番効率のよい食べ物だとか。著者の視点は、人は生活環境からコスト&ベネフィットを鑑み、いろいろなものを選択して食べるということなのですが、当然行きつく先は「人肉」。なぜ食べないのか?なぜ食べるのか?という視点もコスト&ベネフィットのみでしたが、そこにはもっと心理的な要素もあると思うのですが。人殺しの心理とも併せて考えてみると、この点はもっと面白くなったような気がします。でも、それではこの本の趣旨、視点からは離れてしまうのでしょうね‥‥。


さらに詳しい情報はコチラ≫











黒にんにく無添加発酵黒にんにく)体験情報ブログ!
黒にんにくは、にんにくの無添加30日発酵食品  黒にんにくが初めてだから知りたいあなたの疑問に、体験談をもとに応えます  黒にんにくはなぜ黒い、なぜニオわない、黒にんにくの食べ方、効果効能などなど

トップへ戻る 「黒にんにくが初めてのあなたに、無添加発酵黒にんにく体験情報」
posted by 892 at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの本

おすすめの本 食と健康

黒にんにく無添加発酵黒にんにく)体験情報ブログ
食生活を深める特集 〜おすすめの本〜


【食と健康】


病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
新谷 弘実
サンマーク出版 刊
発売日 2005-07-08




アルカリイオン水を機械ではなく自然に 2006-10-02

この本に賛同する部分が多い方は、「フィット・フォー・ライフ」を押さえておいた方が良いと思います。初版は1985年ですが、最近日本語版が改版されました。

酵素摂取のための生食、乳製品やお茶の危険性については同じ見解ですが、一日を3分割して摂取のタイミングや、炭水化物系と蛋白質系の食べ合わせなど、より詳しい説明や実践レシピが書かれています。

さらにマクロビオティックは、水分が少ないとの指摘もありますので実践中の方も一読をお勧めします。

野菜中心の食生活を実践されている方も、ベジタリアンについての分類が書かれていますので自分がどの程度なのか確認してみることもよいと思います。

この本の中では、機械を使ってアルカリ性の水分摂取を謳っていますが、自然の果物や野菜でも可能だと思います。この部分に少し違和感を覚えました。

医師の記述なので、果物の摂取が制限されるほどの治療中患者が主な対象になっているのかもしれませんね。

元々、快食快便で体調が悪いと感じたことのない私ですが、さらに清々しく体調が良くなるとは思いませんでした。体が心地良いと、気持ちも晴々と良くなりますよ。

ご自身がより快調になると感じられることを徐々に取り入れてみてはいかがでしょう?

さらに詳しい情報はコチラ≫





Dr.クロワッサン 体の中からきれいにする食べ方。健康マクロビオティック料理Dr.クロワッサン 体の中からきれいにする食べ方。健康マクロビオティック料理

マガジンハウス 刊
発売日 2004-06-02




マクロビオティックのイロハ 2006-01-31


マクロビオティックとは何か、そしてどこからはじめたらいいのか、懇切丁寧に理論(イロハ)と実践(レシピ)が合体した最適の入門書。

ムックという体裁も見やすくていい。

健康に良いからという目的で始めたものの、いつのまにかガチガチになって「イズム化」しそうだが、動物性脂肪はまったくカット、玄米オンリーと無理をしないでもできる範囲でやったら良いという提言はすっきりしていて、続けられそう。

レシピのほか、調味料なども詳しい。

さらに詳しい情報はコチラ≫





からだの自然治癒力をひきだす食事と手当てからだの自然治癒力をひきだす食事と手当て
大森 一慧
ソレイユ出版 刊
発売日 2000-10




家庭の食生活を見直すきっかけに!! 2006-06-22

結構いいお値段の本ですが、内容が盛りだくさんで、人間にとって大切な食事の仕方から、さまざまな体の不調に対する対処法が書かれているので家庭に1冊あると必ず役に立つと思います。

体調を良くする食材やレシピも載っていて、身近な食材で、すぐ実践できそうなものばかりです。

私は胃腸があまり強くないのですが、この本を読んで、胃腸に良くない食生活として書かれていた内容と、自分の実際の食生活がぴったり当てはまっていてびっくしりました。

対処法、改善法を近いうちにぜひ試してみようと思います。

さらに詳しい情報はコチラ≫





だれもが100%スリム!常識破りの超健康革命だれもが100%スリム!常識破りの超健康革命
松田 麻美子
グスコー出版 刊
発売日 2002-03




ものすごい効果がありました 2006-09-19


数年前にこの本に出会い、実際に取り組んで、およそ1ヵ月半で9キロの減量に成功しました。ずうっと悩まされ続けていた肩凝りもおよそ2週間でなくなり、持病の高血圧の症状もほとんど治まりました。

体の奥から元気がわいてくるようで、以前に比べて自分が生き生きしているのが分かります。体を動かすの面倒で仕方なかった自分が嘘のようです。

この本と、「フィット・フォー・ライフ」「50代からの超健康革命」を読めば、ナチュラルハイジーンの概要はほとんどつかめます。

ただ、本だけでは分からないことはやはりまだたくさんあるようで、松田麻美子氏のセミナーや講演、ナチュラルハイジーンのコミュニティなどで学ぶ必要はあるみたいですね。

ナチュラルハイジーンを本気になって実行するためには、本だけではなく、他の情報源や仲間が必要です。

さらに詳しい情報はコチラ≫





フィット・フォー・ライフ ??健康長寿には「不滅の原則」があった!フィット・フォー・ライフ ??健康長寿には「不滅の原則」があった!
ハーヴィー・ダイアモンド /マリリン・ダイアモンド
グスコー出版 刊
発売日 2006-04-08




健康を求めるすべての人に本書を! 2006-09-21
健康を求めるすべての人に本書を読んでもらいたいです。

私の人生を180度変えた、1冊でもあります。

本書の内容の30%でも実行できれば、アナタは食べたいだけ食べても5〜6キロはやせることができ、かつ、健康な状態を保つことができます。

これ以上、健康な食生活もないでしょう。

人生を変えたくなったら、是非、本書を手にとってください。

さらに詳しい情報はコチラ≫





長生きしたければ朝食は抜きなさい―体の不調を根本から改善する驚異の「甲田式健康法」とは長生きしたければ朝食は抜きなさい―体の不調を根本から改善する驚異の「甲田式健康法」とは
甲田 光雄 /東 茂由
河出書房新社 刊
発売日 2002-08




朝食を抜く人がもっと増えるべきでしょう。 2006-09-01


朝食を抜くという健康法を聞いたとき、すぐにやってみました。疑問を感じなかったのは、私自身が10キロや5キロのロードレースに出るときに、スタートが午前中だと、朝食をいつも抜いていたからです。市民レースですが、一応入賞を狙って走るので、一番怖いのは腹痛でした。胃に何も入っていないと安全なのです。そして、このくらいの距離なら、朝食べていなくてもエネルギーが切れることはありませんでした。

ですから、朝を食べなくても、午前中の活動に支障をきたすことはないと考えたのです。

やってみると、2食主義は体調を良くしてくれました。特に、午前中は頭が冴えます。体脂肪も減りました。忙しい時期に睡眠が少なくても、以前ほど疲れません。肩こりは殆どなくなりました。

ただし、休日で、たくさん走るときは、2食の量を少し増やします。

しかし、体調が悪いときに、昼前に非常に空腹になってしまうことがありました。このことを考えると、2食で耐えられないという人は、体力が足りないのかもしれません。あるいは、体に蓄えられているグリコーゲンが少ないのかもしれません。

2食に移行する方法はいろいろあるでしょうが、ある程度体力をつけてから試みるのも有効かもしれません。私の場合は、苦痛は全くなかったですから。

さらに詳しい情報はコチラ≫









黒にんにく無添加発酵黒にんにく)体験情報ブログ!
黒にんにくは、にんにくの無添加30日発酵食品  黒にんにくが初めてだから知りたいあなたの疑問に、体験談をもとに応えます  黒にんにくはなぜ黒い、なぜニオわない、黒にんにくの食べ方、効果効能などなど

トップへ戻る 「黒にんにくが初めてのあなたに、無添加発酵黒にんにく体験情報」
posted by 892 at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | おすすめの本

おすすめの本 02食と健康

黒にんにく無添加発酵黒にんにく)体験情報ブログ
食生活を深める特集 〜おすすめの本〜


【食と健康】


からだの自然治癒力をひきだす「基本のおかず」―食事の陰陽バランスが健康へのカギ!からだの自然治癒力をひきだす「基本のおかず」―食事の陰陽バランスが健康へのカギ!
大森 一慧
サンマーク出版 刊
発売日 2003-12




とても素敵な本です。 2006-10-10
基本的な野菜の洗い方、味噌のからめ方、塩の使い方等、玄米粥、玄米の炊き方等から始まり、醤油を入れるタイミング等シンプルなお料理だから大切となるポイントがたくさん載っています。きんぴらごぼうだけを見ても体質に合わせた野菜の配合が3種も載っていて手当て食レシピも豊富です。他にも調理法と陰陽バランスのとり方、実践的な四季に合わせた献立方法や年代別に合わせた食べ物のとり方もイラスト入りでわかりやすく丁寧に説明されています。なかなかここまで細かく基礎を書いてあるレシピ本に出会う機会も少ないのでとても貴重な本だと思いました。


さらに詳しい情報はコチラ≫




Dr.クロワッサン 体の中からきれいにする食べ方。健康マクロビオティック料理Dr.クロワッサン 体の中からきれいにする食べ方。健康マクロビオティック料理

マガジンハウス 刊
発売日 2004-06-02




マクロビオティックのイロハ 2006-01-31
マクロビオティックとは何か、そしてどこからはじめたらいいのか、懇切丁寧に理論(イロハ)と実践(レシピ)が合体した最適の入門書。

ムックという体裁も見やすくていい。

健康に良いからという目的で始めたものの、いつのまにかガチガチになって「イズム化」しそうだが、動物性脂肪はまったくカット、玄米オンリーと無理をしないでもできる範囲でやったら良いという提言はすっきりしていて、続けられそう。

レシピのほか、調味料なども詳しい。

さらに詳しい情報はコチラ≫






フルモニ!フルーツ・モーニング―超健康ダイエット宣言フルモニ!フルーツ・モーニング―超健康ダイエット宣言
松田 麻美子 /日本ナチュラルハイジーン普及協会
グスコー出版 刊
発売日 2005-04




成功例を目の当たりにして 2005-12-13
知人がこの方法で一ヶ月で4キロ、とても楽に痩せられたと言ってました。



50代からの超健康革命―「第二の人生」を幸福に過ごすために50代からの超健康革命―「第二の人生」を幸福に過ごすために
松田 麻美子
グスコー出版 刊
発売日 2004-10




朝の果物は金 2006-08-23
朝食べる果物は体によいとは聞いたことがあり、実際この本のことを



診たて違いの心の病―実は栄養欠損だった!診たて違いの心の病―実は栄養欠損だった!
溝口 徹
第三文明社 刊
発売日 2006-06




すごく元気になった 2006-07-12
娘がこの本に載っている治療を始めて一年がすぎました。






黒にんにく無添加発酵黒にんにく)体験情報ブログ!
黒にんにくは、にんにくの無添加30日発酵食品  黒にんにくが初めてだから知りたいあなたの疑問に、体験談をもとに応えます  黒にんにくはなぜ黒い、なぜニオわない、黒にんにくの食べ方、効果効能などなど

トップへ戻る 「黒にんにくが初めてのあなたに、無添加発酵黒にんにく体験情報」
posted by 892 at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの本

おすすめの本 03食と健康

黒にんにく無添加発酵黒にんにく)体験情報ブログ
食生活を深める特集 〜おすすめの本〜


【食と健康】


心を育てる子どもの健康食心を育てる子どもの健康食
東城 百合子
池田書店 刊
発売日 2001-11




これは素晴らしいレシピ本! 2005-02-03
レシピ本です。しかも本格的な!!
豆腐の作り方から、はしの持ち方などのしつけや常識もカバーしている素晴らしさです!
子供の病気(風邪、アトピー、肥満など)への対処法はさらに素晴らしいです。東城百合子さんの本は5冊読みましたが、この本は一番わかりやすくて、子供への食事、健康などに気を遣っている方は、買ってそんなないと思います。(が、同じく東城さんの「自然療法」の本は総まとめ的で万人向けでこちらの方が本当はオススメ)


さらに詳しい情報はコチラ≫






簡単!毎日の薬膳―健康になる、美肌をつくる簡単!毎日の薬膳―健康になる、美肌をつくる
謝 敏〓@59DA@
PHP研究所 刊
発売日 2004-04




簡単!毎日の薬膳 2004-12-07
薬膳と言うと、堅苦しく作るのも大変と思いきや、私達が普段手の入る材料を使って作れる料理ばかり!そして、陰陽五行の陰・陽は良く聞く言葉だが、もうひとつ漠然としか理解していなかった。その点も解かりやすく説明されている。すぐに家庭料理に取り入れられる料理が、メインからデザートまで紹介されている。気軽に手元に置いて、毎日の献立作りに利用できる1冊である。


さらに詳しい情報はコチラ≫







ハービー・ダイヤモンド博士のスリムになって若返る7つの発見―ノーベル賞理論の実践
ハービー ダイヤモンド
青春出版社 刊
発売日 1998-05




これはダイエットのためだけの本ではありません。 2006-09-09
タイトルを見て誤解してはいけません。

この本はダイエットの(痩せる)方法を教える本ではなく、人間の食生活はいかにあるべきかということを根本から理論的に説いた本なのです。原題は「ナチュラル・ハイジーン(自然健康法)の論理」。

いまだ日本ではベジタリアンというと変な目で見られますが、やっと最近では野菜や果物などの「酵素」が話題になったり、肉や牛乳の弊害が表面化してきたりしてます。

おそらくこれから日本でも「一日三食あらゆる食材をバランスよく、特に朝食はしっかりとって、肉や乳製品もしっかり食べて体力をつけよう。」なんて常識はナンセンスと言うときが来ると思います。(海外ではすでに来てます。)

その意味ではまさに先見の明があったいうか古い誤った常識を訂正してくれたこの1冊は、お値段も手ごろ、子供でも読めるやさしい文体でまさに一家に一冊と言いたいくらいです。


さらに詳しい情報はコチラ≫







なぜ「粗食」が体にいいのか―「食生活」ここだけは変えなさい!
帯津 良一 /幕内 秀夫
三笠書房 刊
発売日 2004-04




シンプルに 2006-01-29
マクロビオティックについて調べている過程で出会った本。
粗食が良いことはうすうす感じてはいたが、
この本はとてもシンプル、かつ明快に提言している。
特に情報に翻弄されやすい人にこそ読んでほしい一冊。


さらに詳しい情報はコチラ≫







栄養学から見るニューウエイズ製品活用法―一般論ではわからない本当の栄養の摂り方栄養学から見るニューウエイズ製品活用法―一般論ではわからない本当の栄養の摂り方
木村 建比古
産学社 刊
発売日 2006-03





さらに詳しい情報はコチラ≫







「医者いらず」の食べ物事典「医者いらず」の食べ物事典
石原 結實
PHP研究所 刊
発売日 2003-04




自称「健康マニア」には読んでほしい1冊☆ 2006-08-19
朝食は「にんじんリンゴジュース」という石原先生。



“体の冷え”を取るとなぜ、病気が治るのか―体は温める(食・入浴・運動)ほど若く丈夫になる!肌も髪も美しくなる
石原 結實
三笠書房 刊
発売日 2002-02




病院いくより安くて効果あり 2004-04-20
冬でも半そでの洋服をきてしまう私は、不定愁訴に悩んでいた(まあ自業自得だが)。これまで冷えのせいだと気づかず、特に胃の不快感は病院でもらった薬を飲んでもすっきりしなかった。そこでだまされたと思って本に書いてあるとおり、身体を冷やす食べ物をへらし、ゆでキャベツを食べ、おしゃれな腹巻を買って仕事のときも寝るときもおなかを暖めた。すると3ヶ月病院通いした胃の不快感が1週間ほどで改善されたのだ。かかった費用は、本代と腹巻2つを購入した分だけ。内科外来に2回通院するより安いだろう。女性で不定愁訴に悩む人は一読をおすすめ。


さらに詳しい情報はコチラ≫










黒にんにく無添加発酵黒にんにく)体験情報ブログ!
黒にんにくは、にんにくの無添加30日発酵食品  黒にんにくが初めてだから知りたいあなたの疑問に、体験談をもとに応えます  黒にんにくはなぜ黒い、なぜニオわない、黒にんにくの食べ方、効果効能などなど

トップへ戻る 「黒にんにくが初めてのあなたに、無添加発酵黒にんにく体験情報」
posted by 892 at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの本
●黒にんにくが買えるお店

>炭丸:黒にんにく専門店
>くすりのたいせい:黒にんにく(発酵熟成にんにく)
>黒いにんにく:無添加発酵黒にんにく、黒いにんにく蜂蜜漬け
>黒にんにくドットコム:熟成醗酵にんにく「元気くん」
>自然共生:自己発酵黒にんにく
>免疫本舗:自己発酵黒にんにく
>食養館:マクロビオティック
>はつらつ館:健康食品ショップ
>にんにくや岡崎商店:熟成黒にんにく
>健康応援倶楽部:コーボン発酵黒にんにく

ネットでも入手困難 これ以上教えたくない! 臭う?やだなー
無添加のオンリーワン特産品がたったの4アイテム
www.0141kao.com
一級の紀州南高梅だから少しの破れも見逃さない
www.0141kao.com
30日じっくり発酵させているのよ、大丈夫のハズ
www.0141kao.com

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。